トップへ » 当院の6つの特徴 » 一般歯科(虫歯治療)

早期発見・早期治療をモットーにできるだけ歯を残す治療

当院はできるだけ歯を残す治療を心がけています。しかし、すべての歯が残せるとは限りません。
早期発見・早期治療をモットーにできるだけ歯を残す治療

悪化した虫歯や歯周病があれば、周囲の歯や全身に悪影響を及ぼすこともありますので、抜歯をしなければならないこともあります。その際は、抜歯のメリット・デメリットをきちんとご説明いたします。それでも歯を残すことをご希望なさる場合には、抜歯をしないこともあります。

患者さんには真実を伝え、最後まで誠意を持ってお話いたしますが、それでも納得できないという方には、セカンドオピニオンを受けてみることをおすすめしています。歯を抜くときは説得して抜くのではなく、患者さんに納得していただけるようこころがけております。

3種の抗生物質を混ぜて虫歯を退治
●歯を削る量を最低限に抑えることができる
●虫歯や歯の状態によっては、3Mix治療法を行わない場合がある
●なかなか治らない根の治療に効果があることがある

3Mix治療法とはなんとか神経を残す治療です。従来の虫歯治療では、歯を大きく削らなければなりませんでした。3Mix治療法では、抗生物質の殺菌効果により、細菌だけを死滅させますので、歯を削る量を最低限に抑えることができます。

今まで神経を取らなくてはならなかった症例でも、3Mix治療法により神経を残せる可能性が高くなりました。ただし、治療後、激しい痛みなど症状が出た場合は、残念ながら神経を取る必要があります。

最新の素材MTAセメント
●神経を残せる可能性が高くなる
●虫歯や歯の状態によっては、MTAセメントを使用できないことがある
●なかなか治らない根の治療に効果があることがある
●パーフォレーション(穴が開いている状態)の修復に使用できる
●逆根管充填での成功率を上げることができる

MTAセメントは強力な接着力・封鎖性・恒久的な殺菌力・強度・生体親和性が高い・湿潤した状態でも使用可能 などの歯科材料にとって理想の特徴を備えた材料です
アメリカ・ヨーロッパなどではMTAセメントの有効性を高く評価していますが、日本では厚生労働省の認可がないため自由診療扱いとなります ご理解ください
MTAセメントを使用した治療の費用  18000円~(税別)

矯正治療と合わせて歯を残す【歯の牽引(エクストルージョン)】
●歯を残せる可能性がある
●牽引後に治療が難しいとわかる場合がある
●無理やり歯を残した場合と比べて予後が良くなる
●再植の成功率が上がる
●骨が再生してくることがある

歯肉の奥深くまで達している虫歯は治療が困難なため、通常抜歯以外の方法はありません。ところが、実は健康な歯がわずかでも残っていれば、歯の牽引をすれば歯が残せるかもしれません。歯の牽引とは、歯肉の下に隠れている歯が虫歯になっているとき、あるいは割れているとき、治療がしやすいように専用装置を使って歯を引き上げる方法です。歯が引き上げられることで、治療後のメンテナンスもしやすくなることがあります。

牽引する歯は、神経を取り除いていることが多いので、汚れや膿が溜まっていることも稀ではありません。検査の結果、これらの疑いがある場合は、根の内側の処置をしてから治療を行います。なお、事前診断が難しく、牽引後に初めて治療が難しいとわかるケースもあります。

一度抜けた(抜いた)歯を、元の位置に再び戻す【再植】
●事故などで歯が抜けてしまった場合
●必ずしも歯が元の状態に戻るとは限らない

何らかの理由で歯が抜けてしまったとき、あるいは抜歯をしたとき、抜けた歯を再び元の場所に戻す治療が「再植」です。例えば、事故などで歯が抜けたとき、元の場所に植え直して、ワイヤーなどで隣の歯と固定すると、数週間には歯が定着して再び機能を取り戻します。ただし、必ずしも歯が元の状態に戻るとは限りません。再植の成功率は歯の周りについている歯根膜がいかにきれいに傷つかずに残っているかにかかっています。

歯がないところに歯を植えかえる【移植】
何らかの理由で歯を抜かざるをえなくなった場合、親知らずなどを利用して歯を植え代ることが「移植」です。ただし、親知らずの状態や口腔内の状況によっては必ずしも移植が成功するとは限りません。移植の成功率は歯の周りについている歯根膜がいかにきれいに傷つかずに残っているかにかかっています。一般的に親知らずの抜歯が特に難しいような場合、歯根膜をきれいに残すことは困難です。

できるだけ痛みを軽減させる工夫

できるだけ痛みを軽減させる工夫当院では、麻酔注射時の痛みを和らげるために、さまざまな工夫をしています。表面麻酔をし、粘膜を引っ張り、できるだけ痛みが出にくい粘膜部分に針を差し、ひと肌に温めた麻酔液を呼吸のタイミングに合わせながら注入します。

緊張しているとかえって痛みがでてしまう
緊張していると血圧や心拍数が上昇して気分が悪くなることもあります。緊張感を和らげるために、少し治療を待ってから「気分が変わったら教えてください」など声をかけています。「気分が悪くなったら教えてください」といったネガティブな言葉はなるべく使わないように心がけています。

病院の雰囲気は誰でも少なからず緊張します。特にお口の中で何されるかわからない状況は、患者さんにとって非常に不安になることです。
治療をする上で今からすることや次にすることなどは、なるべく細かく説明するように心がけています。

かつて白衣を見ただけで血圧が上昇してしまい、毎回予定の抜歯を行うことができない患者さんがいました。そういった方には、できるだけ前向きな気持ちになる話や緊張をしないように、治療とは全く関係のない世間話などをしたりします。
結局4回目で抜歯を行うことができたのですが、その前の3回が無駄であったとは思いませんでした。その後の治療は全て予定通りに進めることができましたので、結局早く治療が終了したと思います。その方からは十数年経った今でも連絡が来ます。ほんの少しの心配りが患者さんとの信頼関係を築くのだと思います。

歯周病が改善してから、人工歯や詰め物を入れる

歯周病が改善してから、人工歯や詰め物を入れる人工歯や詰め物との隙間が再発の原因に
虫歯治療をした後、虫歯の再感染を防ぐには、人工歯(詰め物や被せ物)を入れるときに隙間を作らないことがとても重要です。歯周病があると歯肉が腫れているため、歯型をきれいに採ることができません。仮にその状態で人工歯を被せても、隙間ができてしまい再び虫歯にかかる恐れがあります。

当院では、治療後の再発を防ぐために、歯肉の状態を改善した後に、人工歯や詰め物の処置をします。そのため、治療の初めに歯周病検査の行い、必要に応じて歯石や汚れを取り除き、歯茎の状態を改善してから虫歯の治療をします。なお、応急処置が必要な場合はこの限りではありません。

カテゴリー一覧

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

カウンセリングを行っております

トップへ » 当院の6つの特徴 » 一般歯科(虫歯治療)


コールバック予約