トップへ » 当院の6つの特徴 » 一般歯科(虫歯治療) » 歯周病が改善してから、人工歯や詰め物を入れる

歯周病が改善してから、人工歯や詰め物を入れる

歯周病が改善してから、人工歯や詰め物を入れる人工歯や詰め物との隙間が再発の原因に
虫歯治療をした後、虫歯の再感染を防ぐには、人工歯(詰め物や被せ物)を入れるときに隙間を作らないことがとても重要です。歯周病があると歯肉が腫れているため、歯型をきれいに採ることができません。仮にその状態で人工歯を被せても、隙間ができてしまい再び虫歯にかかる恐れがあります。

当院では、治療後の再発を防ぐために、歯肉の状態を改善した後に、人工歯や詰め物の処置をします。そのため、治療の初めに歯周病検査の行い、必要に応じて歯石や汚れを取り除き、歯茎の状態を改善してから虫歯の治療をします。なお、応急処置が必要な場合はこの限りではありません。


トップへ » 当院の6つの特徴 » 一般歯科(虫歯治療) » 歯周病が改善してから、人工歯や詰め物を入れる


コールバック予約