トップへ » 当院の矯正治療 » 子どもの矯正

子どもの矯正はいつから始めたらいい?とお悩みの方へ

子どもの矯正お子さんが歯並びや噛み合わせが悪いまま成長すると、後々、虫歯や歯周病のリスクが高まります。お子さんの歯並びが気になるときは、早めに相談されることをおすすめいたします。

成長してからでは、矯正治療が難しくなる
歯並びや噛み合わせは、一人ひとりのお子さんによって異なります。また、矯正治療を始める時期もいろいろあり、早い時期に治療を受けた方がいいお子さんもいれば、成長するまで待った方がいいお子さんもいます。

早い時期に治療を受けた方がいいお子さんが、治療を受けずにそのままの状態で成長すると骨格などが大きくズレてしまいます。また、成長してからでは矯正治療が難しくなり、治療期間もそれだけ長引きます。

永久歯の前歯と奥歯が生えてくる6歳から7歳頃に、一度診断を受けるとよいでしょう。

子どもの矯正の流れは大きく分けて2ステップ

子どもの矯正の流れ子どもの矯正治療はお子さんの成長に合わせながら、2つのステップに分けて治療を行います。

ステップ1. 第1期治療
成長と共に歯並びや噛み合わせを悪化させる要因を取り除き、その後の発育ができるだけ正常に近づくための治療を行います。

この段階の治療がうまくいくと、第2期治療をせずに済むことがあります。また、第2期治療に移行したときに、永久歯を抜かずに矯正できる可能性が高まります。

ステップ2. 第2期治療
噛み合わせを正しくすることを目的とし、大人の治療と同様、歯にブラケットを装着して治療を行います。
※初診時に永久歯が生え揃っている方は、第2期治療からとなります。

お子さんのさまざまな症状、このように治療します

受け口(反対咬合、下顎前突)下顎前突
下の前歯が上の前歯より突き出ている状態です。すべての歯が永久歯になるまでそのままにしておきますと、歯並びだけではなくお顔つきに悪い影響を与えてしまいます。前歯の噛み合わせを早期に改善してお顔やあごの成長のバランスを整えます。

八重歯や前歯がデコボコしている(叢生)叢生
あごの大きさと歯の大きさのアンバランスや、乳歯が虫歯などで早く抜けてしまうことにより生じます。あごの成長を促したり、奥歯を後ろに移動させて永久歯の生えるスペースを作り、なるべく永久歯を抜かない矯正治療を目指します。

出っ歯(上顎前突)上顎前突
出っ歯のお子さんは、歯並びのよい子より前歯を折ったり、怪我をする危険性が2、3倍高いといわれています。また、心理的なコンプレックスになることも少なくありません。上と下のあごの成長をコントロールし、可能な限り前歯の突出を改善いたします。

上と下の前歯が噛み合わない上と下の前歯が噛み合わない
指しゃぶりや舌を出す癖(舌癖)などが原因で起こります。食べ方や飲み方、言語の発音に悪い影響を及ぼすなど、お口の機能に大きな影響を与えます。早期に悪い癖を改善し、舌やお口の筋肉のトレーニング(MFT)で正しい機能の獲得を目指します。

下顎が横にずれている(交叉咬合)交叉咬合
上と下のあごの横幅の成長のアンバランスや頬杖、噛み癖などにより起こります。年齢と共にあごやお顔が左右非対称に成長してしまうため、早めの矯正治療が重要です。

カテゴリー一覧

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

カウンセリングを行っております

トップへ » 当院の矯正治療 » 子どもの矯正


コールバック予約