トップへ » 院長メッセージ・経歴 » 患者さんのために » 患者さんに寄り添い、ずっと使える健康な歯を残します

患者さんに寄り添い、ずっと使える健康な歯を残します

患者さんが決して無理をしないことをモットーに、患者さんのお口の症状だけでなく、お気持ちや生活環境などを考慮させていただいた対応を行っていくようにこころがけています。例えば、歯医者に時間がさける人とさけない人... 絶対一回しか来れない人...などなど。
可能な限りあらゆる治療方法を説明した上で患者さんと一緒に治療方法を決めていきます。
カウンセリングは患者さんと歯医者との考え方・認識の違い・その他歯に対する考え方の温度差を可能な限りうめることが目的です。

私たち歯科医は長い間歯のことばかり勉強してくるので、どうしても一般の方と同じように考えることができなくなってしまうことがあります。例えば、歯に値段をつけるとしたら、おそらく一般の方達とは大きく差がでると思います。つまり私たちが絶対こうしたほうがいいよ...と思うことが、一般の方達にとってはそこまで必要ない...と治療方針に対する温度差がでてしまうことがあります。この差を埋めるのがカウンセリングです。

当院ではすべての治療において、歯をできる限り残し、生涯自分の歯でお過ごしいただけることを重点に置いています。できる限り歯を残す方法(エクストルージョン・移植・部分矯正)も多くとりいれており、またそのメリット・デメリットも詳しくお話するようにしています。

もしも歯を抜くことを筆頭に、後戻りできないような治療を行う場合はより詳しく、そして納得していただくようお話をしっかり考えていただく時間も必要だと思っています。また当院の治療方針に少しでも疑問点などがある場合はセカンドオピニオンも積極的におすすめしています。

一般歯科とともに矯正治療についても豊富な経験と多彩な知識があり、部分矯正や全体的な矯正、目立ちにくいもの、気軽にできるものなど患者さんのご希望に可能な限り沿える治療をご提供しています。

院長は他院でも矯正専門医として治療しています。その際症例検討会を行い、幅広く主観にとらわれない診断を行えるように心がけています。院長が矯正治療を行うため、矯正治療のトラブル時も何日もお待たせするということなく、可能な限り早急に対応することができます。


トップへ » 院長メッセージ・経歴 » 患者さんのために » 患者さんに寄り添い、ずっと使える健康な歯を残します


コールバック予約