2015年11月10日 « トップへ » 2016年12月22日

2016年4月 7日

当院ではマウスピース矯正が136,500円から開始できます

マウスピース矯正治療は、治療費が高いイメージを持たれているかたが多くいらっしゃいます。一般的にマウスピース矯正では、概ね300,000円〜1,100,000円ほどが相場ではないでしょうか。

当院では、出来るだけ患者さんのニーズに合わせた治療プランを立てることを優先にしております。お口の中、全ての歯ならびを治す場合、ワイヤーによる矯正治療をおすすめしております。「部分的に治す」選択をするのであれば治療費用・治療期間を抑えても治療は可能となります。

歯の動かし方、期間によっては、当初ワイヤーによる矯正治療をおこない、その後マウスピースに移行する方法もあります。特に以前矯正治療をしていた方で後戻りしてしまった方などは、マウスピース1個(49500円)で終了することもあります。

経験豊富な歯科医が常時治療

包括的な治療矯正治療は患者さんのご要望や歯並びの状況に合わせることも可能です。部分的、全体的、短期間で目立ちにくい、など様々な方法をご提案できます。

例として、マウスピース矯正とワイヤー矯正を組み合わせることで費用・時間を削減可能な場合もあります。

多彩な矯正と親身なカウンセリング
治療前には無料相談を行っています。症例によっては無料で歯型をとり、その後症例検討を行い、再度お時間をとらせていただき模型をお見せしながらお話させていただく場合もあります。模型をもとにより深くご相談にのることができるかと思います。

無料矯正相談の段階である程度の期間・費用はお伝えすることが可能です。

無理なく患者さんに寄り添う治療

包括的な治療治療は説得ではなく納得していただくことを心がけております。一方的に治療をすすめることや、無理強いせず、患者さんが納得していただけるよう可能な限りわかりやすく説明することをこころがけています。説明に関しても私たち歯科医が当たり前と思っていることが多数あるので、患者さんと言葉・知識の温度差をなくせるよう心掛けています。

例えば神経を残す、残さない・・・という場合は患者さんによっては「しみるなら神経取っちゃって」と気軽におっしゃる方がいますが、歯の神経の役割や抜いた後のリスクなどを知ると「少ししみるくらいなら残したい」というように考え方も変わってくる場合があります。しかしながらいくら神経が大事といっても生活に支障がでるようであれば神経を取ることをおすすめする場合もあります。考えると...。カウンセリングは温度差を縮められ、後でトラブルにもなりません。

治療回数は治療内容によってバラバラです。お仕事が忙しくなかなか歯医者に来られない方であればその旨をお伝えいただければ可能な限りそれに合わせた日程で治療予定を組んでいくこともできます。

よりよい治療のため他医院も紹介
治療によっては専門医にご紹介させていただく場合があります。私たちが心がけていることは「できないことはやらない」ということです。そのためにも最初に当院でできること、できないことをよく説明させていただき、ご理解していただくことを心がけています。

痛みの少ない治療へのこだわり
可能な限り痛みの少ない治療を心がけています。

・表面麻酔をする
・3~4回に分けて麻酔を打っていく
・効果がでるまで削らない
・痛みがあるか何度も聞きます 痛みがあったら手を挙げてもらいます

不思議と怖がりの患者さんのほうが手を挙げるのを躊躇している傾向があります。痛い時にすぐ止める... それが無痛治療の基本と考えています。
患者さんが手を気軽に手を挙げやすいような雰囲気をつくってあげることも必要と考えています。

矯正も併せた包括的治療
歯を長持ちさせ、しっかり残していくには総合的に診断し、包括的な治療を行うことが大切です。かみ合わせのことを考慮しながら治療を行っていくと、虫歯治療の被せ物をする前に歯の軸を変えるなど、必然的に全体を見ながら治療を並行して進めることが求められます。歯並びを調整することで神経を抜かなくて済むこともあります。とくにブリッジや入れ歯などは歯の軸の向きによって治療後の安定感が大きく異なってきます。また、歯並びがよければ磨き残しも少なく歯の疾患が起こりにくいので、予防的見地からも歯列矯正をお勧めする場合があります。

また、抜歯しか方法がないと思われる歯もエクストルージョンや移植・再植などの処置でご自身の歯をより長い期間保存することも可能な場合があります。

デンタルIQを高める予防歯科
予防歯科でもっとも大切なことは知識を深めるということです。掃除の仕方は知っていてもどこを掃除したらいいのかわからない...なんてことは多いです。例えば歯茎のどの深さまでフロス(糸ようじ)を入れていいのか、血がでたらどういうサインなのか、そのまま掃除を続けていいのか、などデンタルフロスのやり方ひとつとってもいろいろな知識が必要になってきます。歯ブラシもただやるのではなく、まずご自身の歯についてよく理解していただき、適切な口腔清掃を覚えていただけるよう心掛けています。

また、お口は胃や腸と同じ消化器官という考えをしっかりと持つことです。歯周病があると全身に菌をばらまいているようなもので、歯がなければそれだけ消化ができないので、胃に負担がかかるということです。お口の予防は全身の予防につながっているといっても過言ではないと思います。

患者さんに寄り添い、ずっと使える健康な歯を残します

患者さんが決して無理をしないことをモットーに、患者さんのお口の症状だけでなく、お気持ちや生活環境などを考慮させていただいた対応を行っていくようにこころがけています。例えば、歯医者に時間がさける人とさけない人... 絶対一回しか来れない人...などなど。
可能な限りあらゆる治療方法を説明した上で患者さんと一緒に治療方法を決めていきます。
カウンセリングは患者さんと歯医者との考え方・認識の違い・その他歯に対する考え方の温度差を可能な限りうめることが目的です。

私たち歯科医は長い間歯のことばかり勉強してくるので、どうしても一般の方と同じように考えることができなくなってしまうことがあります。例えば、歯に値段をつけるとしたら、おそらく一般の方達とは大きく差がでると思います。つまり私たちが絶対こうしたほうがいいよ...と思うことが、一般の方達にとってはそこまで必要ない...と治療方針に対する温度差がでてしまうことがあります。この差を埋めるのがカウンセリングです。

当院ではすべての治療において、歯をできる限り残し、生涯自分の歯でお過ごしいただけることを重点に置いています。できる限り歯を残す方法(エクストルージョン・移植・部分矯正)も多くとりいれており、またそのメリット・デメリットも詳しくお話するようにしています。

もしも歯を抜くことを筆頭に、後戻りできないような治療を行う場合はより詳しく、そして納得していただくようお話をしっかり考えていただく時間も必要だと思っています。また当院の治療方針に少しでも疑問点などがある場合はセカンドオピニオンも積極的におすすめしています。

一般歯科とともに矯正治療についても豊富な経験と多彩な知識があり、部分矯正や全体的な矯正、目立ちにくいもの、気軽にできるものなど患者さんのご希望に可能な限り沿える治療をご提供しています。

院長は他院でも矯正専門医として治療しています。その際症例検討会を行い、幅広く主観にとらわれない診断を行えるように心がけています。院長が矯正治療を行うため、矯正治療のトラブル時も何日もお待たせするということなく、可能な限り早急に対応することができます。

マウスピース矯正にかかる費用と治療の流れ

1.カウンセリング=無料
2.精密検査・同意書作成=15,000円
3.マウスピース矯正装置=1つ49,500円×最低2~3つ位=99,000~148,500円
4.後戻り防止(保定)装置の費用=12,500円
◆費用合計=136,500円~186,000円

1.まずは無料カウンセリングにご来院下さい
無料カウンセリングでは、現在、歯並びで気にされていることをお聞きし、それを改善する治療方法や矯正装置の装着期間や治療期間、治療費など、大まかな内容をご説明いたします。

なお、当院では、矯正治療に関心をお持ちの方が気軽に相談できるように、との考えから、矯正治療の無料相談を実施しています。矯正治療の概要をご理解・ご納得された上で、治療を受けていただければと考えています。場合によってお口の中の型を採り、症例検討をした後、再度カウンセリングを行うことがあります。

◆カウンセリング費用=無料

2.治療計画のを立てるための精密検査
カウンセリング内容にご同意いただけますと、次のステップではより詳しい治療計画を立てるために、レントゲン(パノラマ・セファロ)・口腔内写真・歯周病検査を行い、問診表を基に治療方法を診断・分析します。また、歯型も採ります。

◆精密検査費用=15,000円

3.診断結果のご説明
検査結果を基に、画像をお見せしながら分析結果をご説明いたします。それに併せて同意書にて治療期間や料金もご提示いたしますので、治療を受けるかどうかは患者さんご自身で判断していただきます。

治療装置を制作するごとに費用がかかりますので、ご契約の時点では費用はかかりません。

◆お見積りのご提出・ご契約

4.治療スタート(動的治療)
ご契約が完了すると、いよいよ治療スタートとなります。歯を効果的に動かすためには、矯正装置の定期的な調整が必要ですので、月に一度、来院していただきます。装置に汚れが付着していれば、クリーニングをして取り除きます。

歯を動かす期間の目安として、概ねマウスピース1つあたり2ヶ月間必要となります。当院では矯正治療中の虫歯を防ぐために、毎回調整時にフッ素塗布や歯のクリーニングなどを行っています。

毎回の調整時にかかる費用:3,200円
マウスピース制作時にかかる費用:1つあたり49,500円

5.後戻り防止期間(保定期間)
矯正治療が終了すると、歯を固定させる保定(ほてい)期間に入ります。通常、歯が移動した後、その場所に落ち着くまで取り外しができる保定装置を使って定着させます。3か月~半年に一度、通院していただき、状態を確認します。

◆保定装置費用:12,500円

マウスピースによる矯正

透明で目立たないアソアライナー
マウスピースマウスピース矯正は、部分的に歯並びを治したいという方におすすめです。さまざまな症例に対応可能ですが、お口の中の状態によってはマウスピース矯正治療に適していない場合があるので、一度お口の状態を確認してからのご相談となります。

マウスピース(アソアライナー)は一日17時間以上はめていただきます。ご自身での管理となるので、自信がない方はワイヤー矯正とマウスピース矯正を組み合わせた方法も選択することができます。

アソアライナーでの治療のメリット
アソアライナーでの治療は毎回簡単なカウンセリングを行うことができるので、治療途中で「ここをこうしたい」「このくらいまで治ればいい」といった治療途中での修正が他のシステムと比べてやりやすいということです。場合によっては予定より費用や期間なども減らすことが可能です。

他の総額制のシステムと大きく違う部分は、当院では治療毎に費用を頂く形となりますので、お支払が困難な場合でも柔軟に対応しやすいと思います。

上記のようにマウスピース矯正は治療の自由度が高いため、治療前のカウンセリングがとても重要となります。

136,500円からのマウスピース矯正はこちら

部分矯正だから治療期間の短縮が可能です

マウスピース一般的な矯正治療では、治療期間が2年〜3年ほどかかりますが、部分矯正で治療を行う場合は、6ヶ月ほどで治療を終えることも可能です。

治療期間が短い一番のメリットとしては、それぞれのライフプランに合わせた治療が出来ることかと思います。例えば就職活動の時期に。例えば結婚式の時期に。大切なあなたの時間に合わせて、治療プランを計画させていただきます。

また、マウスピースを使用することで治療期間中も装置が目立たずに自然に生活することが出来ます。取り外す事も可能なため、歯磨きもし易く、さまざまなシーンでお喜びいただいております。

●目立たない・早い治療期間が求められるシーン
・結婚式や就職活動など大切なイベントがあるかた
・受付・営業等のお仕事をすでにされているかた
・役者志望のかた

●取り外せる矯正治療が求められるシーン
・楽器を演奏される(吹奏楽等)のかた
・激しいスポーツをされるかた
・大切な場面のお食事等が多いかた
・食事のとき 歯磨きのとき

ワイヤーによる矯正とメリット

矯正治療の痛みをなるべく軽減するために行っていることは?ワイヤー矯正は針金で歯を締めることにより歯列を動かすという手法で、全体的な矯正だけではなく部分矯正にも利用できます。当院では、強度はありながら痛みが少ないワイヤーを使用しています。また、ワイヤー矯正の場合は歯科医がワイヤーを歯に取り付けた後、患者さんご自身が着脱するということがないので、マウスピースのような自主性が必要ありません。毎日ケアをする自信がないという方には、ワイヤー矯正がおすすめです。また、マウスピース矯正は傾斜による移動(2次元的な移動が得意)ですが、ワイヤー矯正は3次元的な移動と大きな移動が可能(得意)なため、症例によってはワイヤー矯正しか対応できないです。

目立たないワイヤー矯正
歯に装着するブラケット(矯正装置)は、色が白いセラミック製のものを使用しているので、従来の金属にくらべ装着しても目立ちません。また、セラミック素材は汚れが付きにくいというメリットもあります。器具を装着しているため、どうしても歯のお手入れがしにくくなる矯正中も、お口の中を清潔に保ちやすいので、快適に過ごしていただけやすいです。セラミックブラケットにしても追加料金はいただいておりませんので、ご安心ください。


2015年11月10日 « トップへ » 2016年12月22日


コールバック予約