トップへ » 歯と歯の隙間が気になるのですが......

歯と歯の隙間が気になるのですが......

いわゆる"すきっ歯"には、歯の表面を薄く削り、セラミックを接着し修復する「ラミネートベニア」という治療方法があります。歯を削る量も少量で済み、治療回数も2回程度で歯と歯の隙間を治すことができます。

とはいえ、剥がれる危険性があったり、歯の大きさや向きを大幅に変更することはできません。

そのほかにマウスピースによる部分矯正治療があります。この方法は歯を大きく削ることなく治療することができます。治療回数や期間などは実際に検査してみないとわからないことがありますが、前歯の1ミリ程度の隙間であれば歯を動かす期間は2~3か月くらいで終了することもあります。


トップへ » 歯と歯の隙間が気になるのですが......


コールバック予約