トップへ » 鼻呼吸のすすめ

鼻呼吸のすすめ

口呼吸の主な悪影響
・鼻の通りが悪くなる
・顔や肩、首のラインの歪み 
・口の周りの筋肉が弱くなる
・顔の血流悪化による乾燥
・肌荒れやニキビ
・アトピー
・風邪をひきやすい
・口腔内の粘膜の炎症
・歯が出る
・歯並びが悪い
・二重あご、たるみ
・いびき
・睡眠時無呼吸症候群
・口内炎ができやすい
・虫歯になりやすい
・口臭の原因
・免疫力が低下
・難病を引き起こす可能性あり
・アデノイド顔貌  (面長の顔)

口呼吸はなぜ駄目なのか?
口で呼吸してしまうと、乾燥した冷たい空気が口から直接体内に取り込まれることで、口腔内・喉が乾燥し、細菌などや直接侵入、粘膜に炎症が起きてしまいます。
風邪などにもかかりやすくなりますし、口臭、歯周病、虫歯にもなりやすくなります。
また唇の力が足りないと歯並びが悪くなったり出っ歯になりやすくなったりします。
高齢者では、睡眠時に口呼吸のために、口の細菌が肺に入り肺炎を起こすことがあります。
鼻呼吸にすれば肺炎は激減します。

鼻呼吸の効果
上の口呼吸の悪影響で紹介した症状と逆の効果が望めます。
その他の主な症状を下記に上げていきます。

・綺麗な空気を肺に送ることが出来る
鼻には吸った空気を浄化する機能が備わっています。空気中のほこりを取り
乾燥した空気を適度な湿度にして、のどや肺にとって刺激の少ない空気にしてくれます。

・空気を沢山吸い込む事ができる
口で苦しくなるまで息を吸ってください。どのくらい吸えますか? 
次に鼻で吸ってください。口で吸うよりも長くどんどん吸えるような気がするはずです。

実際、口呼吸よりも鼻呼吸の方がたくさん空気が吸えます。
酸素をたくさん吸うことは、脳細胞や手足の指先にまで新鮮な酸素を行き渡らせることにつながります。

・眠くなるのを防ぐ
口呼吸になると、早食いになるばかりか、一緒に空気まで食べてしまって、あとでゲップがでやすくなります。
早食いをしてしまうと胃に負担がかかり消化に時間がかかってしまいます。
その結果眠くなりやすいなどの症状があるようです。食事中は口を閉じてよく噛むようにしましょう。

・顔が引き締まる
口で息を吸い込んでばかりいると「ポカーン」としただらしない表情に
なりがちですが鼻呼吸をすれば顔が引き締まってきます。

・記憶力、運動能力の向上
あるテレビ番組で、小学生に口ポカ状態と口にテープを貼った状態で、
計算問題、握力測定、背筋力測定をさせていました。
結果、どれも口にテープのほうが能力がアップしていたとの事です。
鼻呼吸のほうが酸素が全身に行き渡るため、能力が発揮されるとの事らしいです。

・生活が充実する
1日の活動を充実した最低8時間の鼻呼吸による睡眠で回復した上に、
なお少々あまった力が湧くほどに休養すれば、躍動感のみなぎった輝きのある生活を送ることができます。

口呼吸の治療方法
・何かに熱中する時によく注意する
子どもがTVゲームに熱中しているときは、ポカーンと口が開いています。
大人でも何かに夢中になると、口ポカになる人を見かけます。
特にゲームやインターネットをしている時にはよく気を付けた方がよさそうです。

他には
・口に医療用のテープを貼る
・睡眠中は口唇を逆ハの字にテープを貼る。
・口をとじてガムを噛む、
・鼻孔拡大装置を使う
・冬場はイソジンでうがいを心がける(鼻詰まりを防ぐため)
・おしゃぶりをする
・漢方薬などを飲むようにする
鼻呼吸の効果は普通の人で二週間もあれば表れてくるそうです。

無糖のガムを噛むやり方とくちびるの運動を絵付きで紹介しています。
鼻呼吸をしながら、口を閉じて(ガムを)噛み癖でない方でリズミカルに噛むことにより、顔のひずみも少しずつ改善されるそうです。


トップへ » 鼻呼吸のすすめ


コールバック予約