049-293-6800

【診療時間】10:00~19:30/土曜日 9:30~17:30
 ※最終受付は30分前までとなります

049-293-6800

【診療時間】10:00~19:30/土曜日 9:30~17:30
 ※最終受付は30分前までとなります

部分矯正について

患者さんのニーズに合わせた部分矯正

一本だけ気になる、上の前歯だけ気になる、ここだけ治ればなあ、といったニーズにお応えする矯正治療です。

通常、全体矯正の場合は2~5年、部分矯正の場合は最短で3~4カ月、多くの場合は10~12カ月が目安です。部分矯正では対応できない、もしくは全体矯正の方がお勧めの場合も多々あります。
ズバリ部分矯正は万能ではありません。カウンセリングで一番大事にしていることはデメリットを知る…ということです。

部分矯正のメリットとデメリット

当院の矯正契約書(同意書)はその多くがメリットよりも、起こりえること(デメリットのようなことを含む)を事前にお伝えするような内容となっています。

それらを納得した上で治療に臨んでいくことが治療後のトラブルを最小限にすることだと思っています。

矯正治療は一生物です。その場の雰囲気や、楽だから…、安いから…、早いから…といった気持ちだけで決めてしまうと後々後悔することになってしまいます。

当院では、ほぼ必ず他院でのカウンセリング(セカンドオピニオン)も受けることもお勧めしています。
当院で治療開始をご希望された方でも、他の治療方を知ることで「やっぱり全体矯正で治療したほうがいい」と考えが変わる方も多々いらっしゃいます。

「矯正はやっぱりやらなくてもいいかも」…という考えに至ればそれもありだと個人的には思います。

カウンセリングに来る前に考えておいた方がいいこと

1)絶対針金はつけたくない
2)絶対抜歯は嫌だ!

※この時「絶対」という言葉を意識して考えていだだけるとカウンセリングがしやすいです。
あと、とりあえずここだけ治したい…というのもあまりよろしくないかもしれません。

ここだけ治せば一生矯正はしなくていい…という気持ちで部分矯正を開始しないと、後々こうすればよかった・・・ということになりかねません。

部分矯正の方法

マウスピースのみでも可能ですが、ワイヤー矯正と組み合わせることでより短期間・低価格で治療計画を作ることも可能です。

部分矯正の料金

部分的にマルチブラケット装置(ワイヤー矯正)を使用の場合…15万円~

その後マウスピース矯正を2~3組使用の場合…上記+10~15万円 となり計25~30万が多いパターンです。

正中離開の場合

正中離開とは2本の前歯の真ん中が離れて隙間が開いている状態のことです。
見た目が悪いだけでなく、歯の隙間から空気が漏れて発音が不明瞭になったり、口の中が乾きやすく虫歯や歯周病の原因となるため治療が必要です。

途中経過の文章を作成願います。

計3組のマウスピースで治療終了となりました。
期間は1組につき2カ月使用なので6カ月
費用は49,500円×3個=148,500円となりました。

矯正相談は無料となっていますのでお気軽にご予約ください