トップへ » 当院の6つの特徴 » 予防歯科 » 定期的なケアで、将来の残存歯数が変わる

定期的なケアで、将来の残存歯数が変わる

定期的なケアで、将来の残存歯数が変わる皆さまは、80歳になったときに歯が何本残っているかご存知ですか? 日本人の80歳以上の方の平均残存歯数は約6~7本。これに対して予防先進国である欧米諸国では、日本より2倍近く残っているといわれています。

なぜ予防先進国では残存歯が多いのか?
予防先進国では、1~3か月に1度の割合で定期的に歯医者さんに通い、お口の中の環境を整えているからです。欧米諸国の平均残存歯数が飛躍的に向上したのは、歯のケア(クリーニング)に力を入れているからといえます。


トップへ » 当院の6つの特徴 » 予防歯科 » 定期的なケアで、将来の残存歯数が変わる


コールバック予約