トップへ » 当院の6つの特徴 » 小児歯科 » お子さんに接するときは、マイナスの言葉を使いません

お子さんに接するときは、マイナスの言葉を使いません

お子さんに接するときは、明るく楽しく無理をせずお子さんの心はデリケートです。ちょっと怖いことを言われただけで、心を開かなくなってしまいます。当院では、マイナスの言葉を使わないようにしています。

診療中の会話はお子さんの不安を取り除く
まず、お子さんに治療内容を説明し、怖くないことをきちんと話してから治療を始めます。もし、痛い治療をするときは「これからかゆいことをするよ」と、麻酔をするときは「水をかけるよ」と声をかけます。こうすると、どのお子さんも頑張ってくれるので、治療が終った後は「最後までよく頑張ったね」と、しっかり褒めてあげます。

診療中の会話はお子さんの不安を取り除くだけでなく、トラブルのない安全な治療に繋がりますので大切にしています。

よほどのことでない限り無理やり治療をすることはしていません。無理やり治療することでその後の治療ができなくなってしまったり、将来歯医者嫌いになってしまう可能性があります。なるべく楽しく無理のない治療を行うことで、その後の治療が楽になるばかりか、正確な治療を行うことができます。


トップへ » 当院の6つの特徴 » 小児歯科 » お子さんに接するときは、マイナスの言葉を使いません


コールバック予約