トップへ » 当院の6つの特徴 » 歯周病 » 再生治療が歯を抜かずに重度の歯周病を治す可能性を広げる

再生治療が歯を抜かずに重度の歯周病を治す可能性を広げる

従来、重度の歯周病では、抜歯をして入れ歯を作るのが一般的な治療方法でした。当院では、失った骨を再生する「再生治療」を行っていますので、重度の歯周病でも抜歯をせずに治療ができます。

GBR(骨再生誘導法)
溶かされた歯槽骨の上に、特殊な人工膜(メンブレン)を被せて骨を再生させる治療方法です。
歯周ポケットの汚れを取り除いた後、歯肉が溝の中に入り込むのを防ぐために医療用のゴアテックス製の人工膜を入れると、歯槽骨がゆっくりと回復していきます。再生後は、再手術を行ってメンブレンを取り除きます。この治療により、骨の後退が著しい方でもインプラント治療が可能になりました。

エムドゲイン(歯周組織再生誘導材料Emdogain)
日本人の歯肉は欧米人に比べると薄く、GBR法(骨再生誘導法)が困難な場合があります。これに変わる治療がエムドゲイン法です。
これは、歯周ポケット内部の汚れや細菌をきれいに取り除いた後、エムドゲインゲルを注入して歯周組織を再生させる治療法です。治療は1回で効果が現れ、再手術を必要としません。ただし、広範囲の再生治療には不向きなため、範囲が狭い方に適しています。

エムドゲインとは?
スウェーデンで開発されたたんぱく質の一種で、子どもの成長期には欠かせない物質です。現在、世界中で普及し、感染症などの報告がなく、安全で治療効果が高いとされています。


トップへ » 当院の6つの特徴 » 歯周病 » 再生治療が歯を抜かずに重度の歯周病を治す可能性を広げる


コールバック予約