トップへ » 当院の6つの特徴 » 歯周病 » 歯周病と全身疾患は、密接な関わりが

歯周病と全身疾患は、密接な関わりが

歯周病と全身疾患近年、歯周病の研究が進み、口腔内だけでなく全身疾患にも影響を与えていることが明らかになってきました。歯周病菌が唾液とともに全身に広がり、それが糖尿病や心臓血管疾患、肺炎などを引き起こし、さらには、早産にも影響を与えるとも言われています。
歯周病チェックシート
いくつあてはまりますか。数が多いほど歯周病の可能性が高くなります。全身の健康のためにもしっかりチェックしましょう。
1.歯磨きをすると、出血する
2.歯茎が赤く腫れている
3.冷たいものが歯茎にしみる
4.歯がグラグラしている
5.歯並びが悪い
6.歯ぎしりや歯の食いしばりがある
7.歯と歯の間に食べ物がはさまりやすい
8.口臭がある
9.歯が長くなったように見える
10.朝起きたとき、口の中がネバつく
11.口呼吸している
12.喫煙している
13.糖尿病、高血圧である
14.妊娠や更年期でホルモンバランスが乱れやすい


トップへ » 当院の6つの特徴 » 歯周病 » 歯周病と全身疾患は、密接な関わりが


コールバック予約