トップへ » 当院の6つの特徴 » 歯周病 » 歯周病は静かに進行する病気

歯周病は静かに進行する病気

近年、虫歯になる子どもが減少している一方で、歯周病にかかる大人が急増しています。
歯周病

これを裏付けるように、厚生労働省の調査でも「日本人成人の約8割が歯周病に感染している」と報告しています。誰もが感染の可能性がある歯周病は、もはや国民病ともいえる病気といえます。

歯周病は、歯周病菌がもたらす感染病
歯周病は歯周病菌がもたらす感染病です。お口の中の汚れや歯垢が歯石に変わると、歯と歯肉の間に深い溝ができます。これが歯周ポケットと呼ばれる溝です。ここに歯石が溜まると細菌が繁殖して炎症が起きます。細菌が歯周ポケットの奥深くまで広がると、歯を支えている歯根膜や歯槽骨まで溶かしていきます。さらに進行すると歯を支えきれなくなり、歯が抜け落ちてしまいます。

予防の第一歩は、早期発見・早期治療
歯周病は、初期症状がほとんどありません。気づかぬうちに進行していくため、歯肉の腫れや出血が現れた時には細菌による歯周組織の破壊がかなり進み、手の施しようがなくなっていた、ということも稀ではありません。歯周病から大切な歯を守るためにも、早期発見・早期治療に心がけましょう。


トップへ » 当院の6つの特徴 » 歯周病 » 歯周病は静かに進行する病気


コールバック予約