トップへ » 院長メッセージ・経歴 » 包括的な診療と患者さんに"無理のない治療"を

包括的な診療と患者さんに"無理のない治療"を

こんにちは。川越駅西口歯科の院長 佐貫康裕です。当院は、患者さんに快適に過ごしていただくように、院内は木目調の温かい空間と安全性にこだわってつくりました。
院長メッセージ・経歴

私は、口腔外科をはじめ一般歯科の経験を積んだ後、矯正治療の専門医として診療も行っています。私が目指しているのは、一般診療から矯正歯科、インプラントに審美歯科治療まで、患者さんのあらゆるお悩みに応えられる包括的な診療です。

患者さんの考え方が一人ひとり異なるように、治療へのご要望もそれぞれ異なります。歯科医師は状況を柔軟に捉え、患者さんにとって最適な治療方法をご提案することが大切だと思います。そのため、患者さんのお気持ちやペースに寄り添った"無理のない治療"を心がけています

包括的な治療なぜ包括的な治療を目指すの?
歯科診療では、治療の種類によっては担当歯科医師が変わります。一般的には矯正治療は矯正歯科専門医が治療し、一般歯科は歯科医師が診療しますので、一人の歯科医師が総合的に治療をすることはほとんどありません。

患者さんにとって最適な治療方法を提案するには、専門性を問わず多くの選択肢の中から最適な治療を選ぶことが、大切だと考えているからです。

例えば、矯正治療を診療に取り入れると、入れ歯を作る際に歯並びをちょっと変えてあげるだけで安定感が増したり、かぶせ物をする際には歯の削る量を減らしたりすることが可能な場合も多々あります。
口腔外科を診療に取り入れると、歯の移植や再植など・・・
といろいろな方法が浮かんできます。

様々な角度から総合的に判断していくことで、今まで仕方無いと思っていたことが回避できることもあります。


トップへ » 院長メッセージ・経歴 » 包括的な診療と患者さんに"無理のない治療"を


コールバック予約